1000万円の価値をもつ人材の育成

1368758329966.jpg 
1000万円の価値を作れる人」って文章で書くのは簡単なんですけど、 これ実際のところどうすれば一番効率的に育てられるんだろうって思うんです。

まず自社に何もノウハウがない状態からたった一人で1000万円売り上げるとなると、僕の経験上3年ぐらいかかると思うんです。

売上を作るためにまずボトルネックになってくのはスキルだと思うんですね。コミュニケーションのスキル、マーケティングのスキル、セールスのスキル、特定のスペシャリストとしてのスキル。起業して最初の方は、これらのスキルを身につけるのにすごい時間がかかったイメージがあります。 で、全体のスキルが成熟して人に胸を張って教えられるようになったぐらいでやっと売上1000万円ぐらいを出せるようになった、という感じがします。

じゃあ自分の会社でスタッフとして働いてくれてる人が同じように1000万円の売り上げを上げるには僕と全く同じ道をたどるなきゃいけないのかと言われれば、そんなことはないと思うんです。そのスキルを身につけるまでに右往左往した時間っていうのも結構あったり、ロスが結構あったと思うんですね。 だからまずはそのロスを限界まで少なくできるように僕の方でスタッフが成長できるようにしていくことで、大幅に効率化できると思うんです。



ちょっと話が変わるんですけれど、 入社初年度で会社に1000万円以上の利益を渡せる人っていうのはごく少数いると思うんです。要するに会社の商品を1000万円以上売るスキルだったり、才能だったりを持ってるっていう人はそれにあたると思います。 これ帳簿だけ見るとその人が1000万円以上会社にもたらしてるんですけれど、 総合的な経済的価値として1000万円以上の価値があるとは言えないと思うんです。商品があるからこそ、1000万円を産むことができている、どう考えるべきだと思います。

じゃあ、1人で1000万円分の価値を埋める人ってどんな人なんだろうて考えると「自分で商品を作ることができて、その商品を販売できる人」だと僕は思います。

これは設備投資がたくさんかかったり、原価がめちゃくちゃかかってくるような事業だとかなり難しいと思うんですけど、個人のスキルを中心にインターネットを使って展開できれば不可能ではないと思うんですね。事実個人事業主でスキルを駆使して年間1000万円以上売上てる人はいるわけですから。

つまり、「インターネットと自身のスキルを駆使して経済的価値を創造して、1000万円分売るまでの流れを作れる人」ていうのが最短距離で1000万円の価値を生める人、とみなせると思うんです。売上を1000万あげるというのは、コミュニケーションスキル、セールススキルあたりの特定スキルにしか着目されてないと僕は考えてます。

「インターネットとスキルを駆使して経済的価値を創造して、1000万円分売るまでの流れを作れる人」ってすごいざっくりしてるんですけど、つまりこの人材が10人いれば、その会社は1億円を生むことができる会社である、と言えると思うんです。

まずは一人でいいからアクラからそういう人材を輩出することができればいいなと思いながら、日々頑張ろうと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment