スタッフの人のお陰で成長できてると思う

1406888282952.jpg

こんにちは、井坂です。

もう何ヶ月も前から、自分の仕事を何人かのスタッフの人に手伝ってもらってます。僕はそのスタッフの人が働きやすい環境を作るとか、その人が生活できるだけのお金を必要なだけ支払えるようにするとか、まあ色々考えてるですが、、、

人に仕事を手伝ってもらうようになって、自分でも成長できてるなという部分がなんとなくあるんですね。



まず一番変わったのは金銭的な面で、しっかりとお金を管理するようになりました。正直個人で1人でやってる時って、会社の金だろうが自分の金だろうが、あんまり変わらないんですね、感覚的には。1000万円入ってきたらそれが自分の口座に入ってきてる、って感じ。

でも普通に考えて、事業で稼いだ金と自分の個人所得の帰っていうのは別々なはずなんですね。個人事業主だと最終的な所得は個人所得扱いですけど、事業やるんだったら別で考えてやったほうがいいと僕は思います。

これが人にお金を払い始めてみるとこれはがらっと変わりました。月に固定で〜円支払うから、〜円は確実に残して、〜円を再投資分に使おう、みたいな感じでちゃんと計算する用になりました。別に個人の時も計算してなかったわけではないんですが、やっぱりスタッフの人ができてから明確に意識をするようになりました。



そしてもう一つ変わった良い点は、しっかりとスタッフを育成しようと考えられるようになったということです。

2年くらい前までは、大体仕事を頼む時は外注が多かったです。もちろん今でも懐中の方に手伝ってもらうことがあるんですが、意識として僕と一緒に仕事をしてくれる人は僕の会社の関係者として働いてくれている、と思うようになりました。今後も仕事をお願いするのであれば、その人が成長してくれることによって僕の会社ももっと伸びていく、って考えられるようになって、どんな契約形態のスタッフでも分け隔てなく、ボクと一緒に仕事をしてもらうことで成長してもらえるようにマネジメントをしていこう、って感じになりました。



今思うと、個人事業主の時に本当に成長することができたなと思えるタイミングは、クライアントのために何ができるかを改めて本気で考えたときでした。(この話はまた別の機会に書きます)

もうちょっと広い目で見ると、自分以外の人の為に何ができるかというのー全力で考え抜いて行動に移したとも考えられると思います。

個人のときは自分の外側の人、クライアントさんだったんですが、今回は自分の内側の人、スタッフの人にベクトルが向いてます。

もちろんスタッフの人には、クライアントのために全力で仕事をしてもらえるようにマネジメントします。でも僕はクライアントのためは当たり前で、スタッフの人のために何を提供すればいいのか全力で考えて経営していくことが、必要不可欠だなと思います。

なんかすごいなんでもないことな感じもするんですが、個人のときは本当に意識してこなかったことなので、ちゃんと書いておこうかなと思いました。
関連記事

0 Comments

Leave a comment