ITリテラシーが同じ相手にビジネスするメリットとデメリット

ITを武器にして働いていると、必ずITリテラシーの問題に直面するんじゃないかなと思います。

インターネットを使ってどうのこうのっていうビジネスは、ITリテラシーがあることを前提にやってるビジネスだと思うんです。 でもITとかインターネットがよくわからないけど,
それをどうにかして導入したいというクライアント様はいらっしゃるわけです。

すごく正直なことを言うと、ITリテラシーがない人に対してITの商品ってすごく売れやすいと思うんです。それは投資について何も知らない人に当社の商品を売るのと同じことだと思います。ITについてよくわからないから、目の前のITに詳しそうな人が言ってることはおそらく真実なんだろうと、あまりリテラシーのない人は自然と信じやすくなってると思うんです。

超合理的に純粋にマーケティングとセールスのことだけ考えれば、ITについてあまり詳しくない人にそれって商品を売ることはある意味正しいと思います。だって売れやすいですから。

ただ僕が思うのは、 it リテラシーに圧倒的な差がありすぎると業務の効率が悪くなるていうのは懸念点としてあります。本来だったら説明しなくてもいいようなことを説明しなきゃいけなかったり、そういうところで時間を使ってしまうっていうのは結構痛いです。

このITリテラシーとビジネスに関して僕が正解だと思ってるのは、「出来る限りリテラシーの近しい人をクライアント様にしていく」ということです。話も通じるし、業務効率もすごくいいです。しかも適当なことを言ってごまかしたり、嘘をつくことはできないので、必然的にビジネスが健全になります。本当に対等な関係で仕事ができます。

逆にリテラシーが近しいことで発生するデメリットは、「優位性を作るっていうのが難しい」っていうことです。そもそもITについてあまり詳しくない人だったら、ITをこの人知ってるって時点で神様みたいになるわけですからね。知ってるってだけで優位性になるなんてこれ以上楽なことはないです。

僕はIT業界で優位性を作るには、クリエイティブの方面に特化するかシステムの方面に特化するかのどちらかしか道はないと思ってます。特にクリエイティブの方面だったら、動画に特化したサービスっていうのは、未だに圧倒的に優位性を作ることができます。システムの方面であれば、スマホゲームやフィンテックの方面に特化することが優位性に繋がると思います。

動画にせよスマホゲームにせよフィンテックにせよ共通で言えるのは、大規模化するには資金的にも技術的にも参入障壁が高いということです。でも逆に言えばこの障壁さえ乗り越えれば、IT業界で生き残れる可能性は非常に高いと言えると思います。

少し話が脱線しましたが、まとめると

・ ITリテラシーの近い人をクライアントにすることで、業務効率や健全性の面でメリットがある
・優位性は作りづらいことはデメリット。しかし参入障壁が高いと未だに思われている分野は まだ存在している。

ということでした。株式会社アクラはどっちかって言うとクリエイティブ方面の特化型です。 オンラインコンテンツを作る、メディアを構築する。これらに動画を組み合わせて優位性を作っています。

コンテンツメディアが不健全化していって、テキストコンテンツの制作者に支払われる フィーはどんどん下がってます。おそらく動画も同じ道をたどるんじゃないかなと思ってます。それこそ1件〜千円の世界になると予想してます。

その中でも価値のあるメディア、価値のあるコンテンツっていうのは、同じリテラシーを持つ競合他社から見ても「これはちょっと真似できそうにないな」と思われるようなモノに鳴っていくはずです。

単純にクオリティを上げるだけであれば、 動画制作会社にたくさんのお金を支払えば実現することができます。でも、本当の意味でメディアの価値の向上につながる動画コンテンツは、そもそもメディアやコンテンツを理解している人がディレクション制作をしなければ、絶対に産まれないです。

株式会社アクラでは今後メディア事業に力を入れていきますが、競合他社が真似するのを諦めるくらいのものを作れるようになっていけるようにがんばろうと思います。

0 Comments

Leave a comment